FC2ブログ

興奮するパンストレズビアン動画

パンスト&レオタードレズビアン動画で興奮しています。
気持ちよさが伝わってくる動画です。
手と口、最後はディルドで。
パンストを履いてオナニーしたりレズったりする女性は案外多いようです。
真冬でもストッキングを愛用している方もいるんですよ。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Category: 動画

乳首の快感

ほんの少しですが、乳首をひねったりつまんだりすると快感が現れるようになりました。
以前は、お風呂場でしたが今度はテレビを見ながら・・・
14_ot5rzijs17.jpg 
薄っすらですが快感が行ったり来たり
あまりやると何も感じなくなります。

目をつぶって呼吸を大切にしながら乳首に集中するとだんだんと気持ちよくなってきます。

女子のアナル開発

女子のアナル開発は男子より早いかもしれませんが、年齢を重ねてからの開発は男子と変わりません。
ただ、脳の使い方が上手な方はあっさりとクリアしてしまいます。

脳の使い方は、ストレスの開放を素早く行えることと、熟睡ができること。
これは、簡単なようで難しい。

膣の中で感じることも難しく、アナルでも男子より感じられないのが普通です。

女子がアナルで感じるようになるには、アナル開発だけでなく日々の生活が必須。
これは、男子でも同様ですが女子には男子のようにはいかない。

まず、運動をすること、太陽にあたること。よく笑うことから始めて日常に取り込むことから始めると
開発を加速します。
妻は、5年かけて膣とアナルを達成しました。40過ぎからは本当に大変だったようです。

ストレス発散について

ドライオーガズムを行う上でストレスは大敵。
また、うつ病などの病気はストレスによるもの。
オーガズムによってストレスを発散することは可能ですが、そこまでには中々到達できないもの。
ストレスはいろんなところに潜んでいます。ですので、続けやすいものから始めると良いと思います。(性器を太陽にあてるのは難しいですが、日焼けサロンで数十分身体を焼くだけでも効果はあります。)

◆まずは、寝ること
これは、難しい人もいます。
  • 朝、30分程度日光にあたること(性器を太陽にあてるといいらしい)
  • 朝、朝食に納豆を食べること。12時間後に眠気を誘うホルモンを分泌するため。
  • カフェインはなるべく控えること
  • スマホやpc、テレビは少なめに
  • 日焼けサロンで軽く焼く

◆楽しいことをつくる
興奮するより、安心できる音楽を探すこと

◆食べること
適度に食べること。あまり大食いしない。これは、オーガズムにとっても重要。快楽を司る脳は
sex、食などの快楽は同じ部位なので食べて共有化。
できるだけ、お腹を空かして腹八分目にとどめること。食べ方は以下の通りで食べると
  • 脳は活性化します。
  • 楽しく食べること
  • 音楽など聴きながら食べる
  • 人と会話して食べること

私の食べ方
アニメに食の物語を見ながら食べています。
おいしさが伝わるし、脳は喜びます。私は、最近以下のアニメをよく見て食事していました。
(放送終了のものもありますが、youtubeアニメ動画というサイトで検索すると見れます)
わかりやすいおいしさと表現が食べている自分の食事も同じように共有できるから。それに、どう美味しいのかリアクション有で分かりやすい説明があるからです。

  •  

希望、待望と断念、残念のドライオーガズム

いろんなブログやツイッターで自分の今を語っているのを最近よく見ます。
ドライオーガズム達成しましたとかまだこれから、とか。
これからアナルに挑戦とか。
見ていて自分とちう、重ね合わせてしまいます。

でも、まだアネロスで達成はしていません。まだ開発すらできていない状態を認識しています。
開発する場所も少し変わったりしてたり、日によって体調にも影響するため
全く感じなかったりします。

でも、ここまで・・・かなぁと線を引いたことはありません。

年齢もそろそろ社会でいえば、引退の年頃。

このドライオーガズムは、脳細胞の環境におるものなのですが、年齢によって弱体化していきます。
ただ、毎日のように鍛えていけば年齢は関係ありません。
これは、医学が証明しています。

現代人の食生活や社会で受けるストレスは、30代後半以降の年齢ではドライオーガズムを達成できる
材料が減っており達成には時間がかかります。
それでも、達成したいとの思いが先に立つのですが、体調や社会で受けるストレスなどで次第に
アネロスなどを手に取る時間も減り、ドライオーガズムは自分の中の都市伝説になりつつ。
諦めるというか、忘れてしまうようになります。
それだったら、最初から知らない方がまだ幸せだったのかもしれない。

不幸なのか幸福なのかはわかりません。
幸福なのは、オーガズムを感じているときだけ。不幸なのは、オーガズムを知ってしまって
生活が乱れていくこと。
また、ドライオーガズムに至らなく、後には引き返せないこと。

私は、いつでも幸福でありたいし、だれでもがそうありたいと思うと思います。
だから、練習している時間も幸福でありたいと感謝して楽しみなが、ドライオーガズムの練習をします。

今は、乳首をひっぱったりねじったりすると薄っすら気持ちがよく性器も勃起します。
それと、集中すると睾丸を上下に動かしたり性エネルギーをお腹まで上がるようになりました。
お肌はツルツル、視力も良く老眼ではありません。
顔もしわ一つなく、若々しく毎日女装してまーす。

最近では、タオの性科学に書かれているように睾丸を冷やしたりしています。
パンストの中に水で冷やしたパッドを入れていて、これが気持ちがいいのです。
このようにいろんな発見がドライへの旅を和らげてくれています。

まだ、ドライオーガズムに達成していなくて諦めようと思っている方へ
途中であきらめたりしても、また時間や体が許せたら同じ思いでドライオーガズムの練習しませんか?ドライオーガズムは、年齢が高くなれば達成には時間がかかりますが、それを込みで楽しみながらそこから自分の幸せを探るのもいいと思います。

»