FC2ブログ

オーガズム日記とメモ

Archive2016年04月 1/2

パンストを履いてセックス

No image

パンストを直ばきしてセックスはいつものことですが、今回は男女の性器を入れたりしないやり方です。パンストは物凄く滑りの良いものを履いて、亀頭とクリトリスの先端を軽く押し当て、じわじわと動かすだけです。1時間ほど、首の後ろと肩甲骨肩回りをマッサージし合い、ほぐしておきます。その後、パートナーと抱き合いいちゃいちゃとパンスト足をこすり合ったり身体全体を愛撫します。その後、性器の先端を軽く押し当てたり、足...

  •  2
  •  -

願いが叶う瞑想方法

No image

本日はずっとヨガをやってその後瞑想をずっとやってました。物凄く深い瞑想に入り、オーガズムも楽しめました。この瞑想方法なのですが、願いが必ずかなうそうです。引き寄せということなのですが、実際に多くの方が達成しているようです。願いは、具体的に細かく願うと良いようです。ドライオーガズム達成?説明は、いいサイトがありましたのでそこのご紹介です。http://www.minden.jp/clover/come-true-wishes-subconscious-medi...

  •  0
  •  -

女の子になるための秘訣とオーガズムとの関係性

No image

女の子になるというのは、そこらへんにいる女子を指すのではなく誰でも身体の中にいる女性性を引き出すということです。男性、女性に必ずあります。この辺は、瞑想やヨガなどと似ています。今回は、簡単に女の子になる秘訣とオーガズムに必要なことが共通しているのでそれを説明します。女性は、小さなことでもすごく幸せを感じます。基本はこの辺からスタートしています。脳がそのような仕組みですね。これは、オーガズムにとって...

  •  2
  •  -

女装でおなかぽっこりは残念 簡単なお腹やせのポーズ

No image

女装をしたいけれど、お腹周りを痩せないとかっこ悪い。ドライでもいけるような身体を手に入れたい。という方にお勧めです。毎日1分欠かさずやれば成果はでます。ヨガで船のポーズ(パリプールナ・ナーヴァ・アーサナ)というのがあります。本当にこれききますし、お腹に力が入るためうっすら気持ちがよくなってきます。ドライの準備にもいいかもしれません。...

  •  2
  •  -

快感物質のドーパミンは脳のどこで作られるか?

No image

ドーパミンを産生する神経細胞(ドーパミンニューロン)は脳の中でいくつかのグループを作っていることがわかっています。その中でも重要なのがA9という番号がついている「黒質緻密部(こくしつちみつぶ)」という部位にあるドーパミンニューロンとA10の「腹側被蓋野(ふくそくひがいや)」にあるドーパミンニューロンです。両方とも脳の深部にある脳幹という所に隣り合って存在し、長い突起(軸策と言います)を線条体に伸ば...

  •  0
  •  -

エナジー初体験の思い出

No image

実は、思い起こすこと50年前、エナジーを体験しています。初めて自転車に乗れるようになってはしゃいでいたころ、身体が疲れ切ってそのまま草むらに横になったとたんにオーガズムに襲われたこと。もう一回、と思ってもなかなか現れず。小学校3年生のとき発表会で発表する手前で緊張が極度に達したときにオーガズムを感じたこと。筋肉が硬直してリラックスしたときにオーガズムがやってきてます。そのとき、今を思えばということで...

  •  0
  •  -

男の潮吹き ドライオーガズムへのもう一つの道

No image

男の潮吹きです。快感が持続し、かなり敏感になるのでドライにいけない方にお勧めのコースかもしれません。かといって、確実に潮吹きはできない場合がありますがドライの手段としては、どうでもよくて性的感性を高める上で有効だと思います。以下にやり方の手順がありますのでご参考までに。http://onanisuta.com/onani/1303/1. まずペニスオナニーを行います。潮吹きが目的であり、射精することが目的ではないので、できるだけ手...

  •  0
  •  -

禿げない薄くならないオナニー&SEXの考え方

No image

オナニーやSEXでホルモンのブロックでどうしても禿げたり薄くなったりする髪の毛。これは、男女ともに同じ課題となりますが、今回はあまりしられていない手法を取り入れてみたいと思います。それは、アミノ酸を食事からとること。青魚に注目です。それと、きゅうりやなす、豆腐、味噌、醤油、納豆と水分。亜鉛やカリウム、カルシウム、が豊富なので髪の毛にも栄養がいきわたりますね。料理方法を考えたりすることは、脳にもいいの...

  •  0
  •  -

オーガズム迎える際、必要な一酸化窒素の分泌を増やす方法

No image

オーガズムを迎える際、酸素が大量に必要となります。その酸素を運ぶのが血液ですが、血圧を上げることなく、血流を上げるにはリラックス効果が必要となります。そのリラックス効果は、一酸化窒素の働きが必要です。呼吸にあまり意識を置かなくてもオーガズムに達せる方は、十分な血流スピードと酸素共有が良く血管や神経、筋肉が健康な証拠です。一酸化窒素は誰の血管にも存在する物質で、一酸化窒素の量を増やせば血管の壁が柔ら...

  •  0
  •  -

はじめてのアナルセックス

No image

義母の家が改築により1日使えないらしく、我が家に泊まりに来ることになった。といっても、いつも通りなので特に慌てなかった。妻の提案で、義母を泊めている間ラブホで楽しまない?ということになり早速、仕事帰りに自宅に戻り準備。あれもこれもバッグに押し込んで、都内の高級ラブホへ。次の日も仕事なので、ゆっくりしていられるのが利点。ラブホは、あまり行かないのでよくわからないが、部屋はすべて自動販売機になっている...

  •  2
  •  -