FC2ブログ

ドライオーガズムの科学的基礎知識として 【メモ1】

よくネットなので飛び交う内容でアネロスを入れてじっと待つ。という言葉がある。
また、1/3程度の強さで締め付ける。とも言われています。
どちらも、正解ではあると思いますが、人によって異なります。

それは、脳のシナプスの量と回路があるか。ということと。
毛細血管の量にも比例します。

感じるということは、脳で感じていることですが、一体どんなことなのか
ネットや体験談などの言葉を引用してみましょう。

【集中力】
■動画を見ながらアネロスを入れることについて
動画を見ながらとなると、動くものを追いかけていくため自分の感じていることに集中できません。
視覚により感じているところに対して集中力が散漫になってしまいます。
よって、オーガズムへは向かわず興奮だけで終わってしまいます。
動画を見るというより、音声なら脳内で想像することができそこに集中となりますが、ネタが切れると
脳は飽きてしまうためいつも新しいネタが必要となってしまいます。

■アネロスを入れて動かすor待っている?
アネロスに限らず、人間の脳は身体に対してどこかピンポイントで意識すると
その場所に神経が延びるようになっています。また、血管も延びていきます。
最初は、アナルにアネロスを入れて感じなくても意識をすることを何度も繰り返していくと
そこへ、神経、血管が延びてきて感じるようになります。
常に水分や運動をし続けているようでしたら、その反応は早いと思います。
前立腺とか感じるところを探すことを考えず、入れて30分程度意識する練習が脳に対して
回路を作る早道です。

さて、待つということはリラックスすることを意味していて、身体がリラックスすると
血流が良くなります。呼吸に意識するよりも感じているところを意識してリラックスします。
体位は、いろいろとリラックスできる状態がベスト。

ヨガの先生と脳医学博士と会話していると、ドライオーガズムのメカニズムをそのまま
表現していて、ヨガはエクスタシーを導く瞑想法にもなります。
もちろん、健康にもよく若々しい人生を気持ちよく歩み続けられるツールのような気がします。

今年は特にアネロスを入れる機会が少なくなってきていますが、入れた瞬間少しづつですが
変化があるのは確か。
地道にゆっくりと頑張ってきたいと思っています。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する